アクセサリーをプレゼントする際の注意点

アクセサリーといえば、男性から女性へも、女性から男性へも贈られる定番のプレゼントです。ゆえに、贈り物に迷ったとき、とりあえずアクセサリーにしておいたという経験はありませんか。しかし、実はさまざまな理由で、アクセサリーのプレゼントを好まない人もいるということをご存知でしょうか。相手への初めての贈り物であれば、なおさらがっかりさせてしまった、なんてことのないようにしたいですよね。アクセサリーを贈る際には、まず相手のことをよく知っておく必要があります。つまり、事前のリサーチがとても重要になってくるのです。日常的に身につけるものだからこそ、その分こだわりも強くなりがちです。日頃からさりげなく意識を配っておくことで、贈りたい相手の好みそうな傾向を把握しておくようにしましょう。

アクセサリーを喜ぶ相手かどうか

アクセサリーをプレゼントする前に、気をつけなければいけない点がいくつかあります。まず一つは、金属アレルギーです。アクセサリーを付けたくとも付けられない人もいるため、そういった相手に贈ることは禁物です。最近では樹脂であるレジンを使用したアクセサリーも多く見かけますが、中にはレジンアレルギーの人もいるため、一概にこれなら大丈夫とも言えません。アレルギーでなくとも、普段から身に着けているようすがない人へのプレゼントも、控えておいた方が無難です。もう一つの注意点は、恋人ではない相手にプレゼントする場合です。人によっては交際相手以外からアクセサリーを受け取ることに抵抗があり、特に指輪や手作りのものは親密さを感じさせるので、場合によっては誤解を招く恐れもあります。アクセサリーは、本当に喜んでもらえるかどうかをよく検討してから贈るようにしてください。

相手に喜ばれるアクセサリーの選び方

アクセサリーのプレゼントを喜んでくれそうな相手であっても、好みでなければ身に着けてもらえるとは限りません。たとえ自分のために選んでくれたものであったとしても、贈られたものに合う服がなければ身に着けにくいものです。ですが、好みのデザインでありさえすればいいというわけでもありません。特に相手が収入のある20歳代以上の女性であれば、安物や安っぽく見えるものは避けるべきです。しかし無理をして高価すぎるものを贈っても、身の丈に合わないという理由で敬遠されて、お返しに気を遣わせてしまうので、普段から身に着けているもののワンランク上くらいがベストです。自分で選ぶことがどうしても難しいという方は、お店の店員に相談するのも一つの手です。いずれにしろ、まず大前提として相手の好みに合ったものをピックアップし、その上で自分がいいと思ったもの、相手に似合うと感じたものを選ぶと良いでしょう。